【レビュー】みんなのPython 第4版

“みんなのPython 第4版”はPythonの入門書です。初心者でも上級者でも便利な本になっています。B5サイズです。

使っているpythonのバージョンは3.5です。入門書選びで迷っている方はできるだけ最新のバージョンに対応した入門書を選びましょう。

例えばpython3.8で導入されたウォルラス演算子は、非常に便利な機能なので、入門書にウォルラス演算子の解説がある方が尚良いと思います。

私はpythonを学ぶ前にC++やC#, PHPを勉強していため、プログラミング言語の文法やクラスの概念などは知っていました。そのため、内容が薄すぎなかったり、本が分厚すぎない本を探していたときに”みんなのpython 第4版”を見つけました。

基本的な文法に加えてよく使う標準ライブラリが掲載されていたため、重宝しそうだなと思って購入しました。

まとめ

pythonの入門書はどのバージョンに対応しているか確認した上で、読み比べて気に入ったものを購入するといいと思います。

“みんなのPython 第4版”は対応バージョンが3.5ですが、初心者が1から学ぶのにも、中上級者がpythonの文法を復習したいときにも役立つ便利な本だと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です