【レビュー】ディープラーニング G検定(ジェネラリスト)公式テキスト

この本は日本ディープラーニング協会(JDLA)が運営しているG検定という資格の対策本です。

日本ディープラーニング協会(JDLA)とは?

基本情報

一般社団法人 日本ディープラーニング協会

2017年6月設立

設立目的「本協会は、ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指します」

理事長 松尾豊(東京大学特任准教授)

G検定とは?

ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して、事業活用する能力や知識を有しているかを検定する。

ジェネラリストとは”広範囲にわたる知識を持つ人のこと”を意味します。

ディープラーニングに関する知識の理解度を問う試験です。適切な手法の選定やプログラミングで実装する能力は問われません。

感想

この1冊でディープラーニングの基本的なことから、研究分野、産業への応用例を知る事ができます。

日本国内では一番有名な人工知能系の資格だと思われます。

難しい数式は出てこないので数学が苦手な人でも容易に取得できる資格だと思います。

新しいアルゴリズムが登場したり、新サービスが登場するなど急速に進化している業界なので資格取得後も、最新の情報を得て業務に生かせないか考える習慣づけは必要だなと思いました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です