Djangoで作られたサイトを紹介!

webフレームワーク選びで開発のしやすさや機能の充実度も大切ですが、

「どんなサイトに使われているか?」

という点も気になります。有名なサイトで使われていたら親近感が湧くし、そのwebフレームワークの可能性を感じると思います。

今回は、Djangoで作られた有名なサイトに加え、個人開発レベルのマイナーなサイトも紹介します。

Djangoで作られた有名なサイト

Djangoで作られた有名なサイトは以下の様なものがあります。

  • Instagram
  • openstack
  • Clubhouse
  • Bitbucket
  • nextdoor
  • Pinterest
  • mozilla
  • DISQUS

Djangoで作られたCMS

Djangoで作られたCMS向けのフレームワークがあります。以下の3つが有名です。上から人気順に並べています。

各サイトに行くとこれらのCMSをベースに作られたwebサイトが紹介されています。

  • Wagtail
  • Django CMS
  • Mezzanine

CMSで有名なフレームワークはWordPressですが、上の3つとWordPressでは違い使い勝手が異なります。CMSを作ろうと考えている人は、よく調査することをお勧めします。

Djangoで作られたその他のサイト

DjangoSitesではDjangoで作成されたサイトが紹介されています。自作のサイトを紹介することもできるため、個人開発レベルのサイトも多々みられます。

ソースコードが公開されているサイトも多いです。

以下の様な人は参考になると思います。

「個人でwebサイト開発してみたいけど良いアイディアがない」

「他の人はどんな風にサイトを作っているのか知りたい」

「商用レベルは規模や難易度が高すぎるから、個人レベルの小規模で難易度も優しそうなサイトを見てみたい」

Django用に作られたパッケージやプロジェクト

Django-based packagesでは、Djangoプロジェクト用の再利用可能なアプリやフレームワーク、プロジェクトが紹介されています。

webフレームワーク本体以外にも、webフレームワークの機能を拡張するパッケージも豊富です。

例えば、フレームワークのページでは名前、最新バージョン、Star数、フォーク数が一覧で見る事ができます。

人気の高いフレームワークには、Saleor、Wagtail CMS、cookiecutter-duango、django CMS、django-oscarなどがありました。CMS系やECサイト系が多かったです。

まとめ

今回はDjangoで作成されたサイトを紹介しました。

Django以外のpythonのwebフレームワークで有名なのはFlaskです。PHPはpythonよりも多くのwebフレームワークがあります。

webサイト制作を始めてみたいという初心者にとってwebフレームワークの機能面を比較する事は難しいと思います。私はどんなサイトに使われているのかという視点で使うwebフレームワークを選んでも差し支えはないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です