Django Debug Toolbarのインストール方法

Django Debug ToolbarはDjangoでwebサイト開発する時に非常に便利なプラグインです。

今回はDjango Debug Toolbarのインストール方法を解説します。

インストール方法

インストールコマンド

python -m pip install django-debug-toolbar

settings.pyの編集

INSTALLED_APPSの編集

INSTALLED_APPSに’debug_toolbar’を追加します。’django.contrib.staticfiles’があることを確認して下さい。

INSTALLED_APPS = [
    # ...
    'django.contrib.staticfiles',
    # ...
    'debug_toolbar',
]

TEMPLATESの前提条件

下記の様にTEMPLATESの設定で’BACKEND’はDjangoTemplatesを指定していることと、 ‘APP_DIRS’はTrueであることを確認して下さい。

デフォルトの状態であれば変更する必要はありません。

TEMPLATES = [
    {
        'BACKEND': 'django.template.backends.django.DjangoTemplates',
        'DIRS': [],
        'APP_DIRS': True,
        # ...
    },
]

MIDDLEWAREの設定

Debug Toolbarのミドルウェを追加します。

MIDDLEWARE = [ 
    #... 
    'debug_toolbar.middleware.DebugToolbarMiddleware'、
    #... 
]

MIDDLEWAREの順序は重要です。DebugToolbarMiddlewareはできるだけ早くリストに追加した方が良いです。

しかし、django.middleware.gzip.GZipMiddlewareの様なレスポンスの内容をエンコードするミドルウェアの後にする必要があります 。

INTERNAL_IPSの設定

デバッグツールバーは、利用しているPCのIPアドレスがINTERNAL_IPSに追加されている場合のみ表示されます。ローカル開発の場合は、’127.0.0.1’を追加する必要があります。

デフォルトではINTERNAL_IPSは定義されていないので追加する必要があります。

INTERNAL_IPS = [
    # ...
    '127.0.0.1',
    # ...
]

DEBUGの設定

Django Debug ToolbarはDEBUG = Trueの時のみ表示されます。

DEBUG = True

URLconfの設定

デバッグツールバーのURLをURLconfに追加します。

import debug_toolbar 
from django.conf import settings 
from django.urls import include、path 

urlpatterns = [ 
    ... 
    path( '__ debug __ /'、include(debug_toolbar.urls))、
]

この例では’__debug__/’という文字列を使用していますが、アプリケーションのURLと競合しなければ、任意の文字列を使用できます。

動作確認

設定に問題がなければ次の画像の様にページの右側にDjango Debug Toolbarが表示されます。

Django Debug Toolbarの表示

上部の”Hide”をクリックするとDjango Debug Toolbarが折り畳まれて、以下の画像がページの右上に表示されます。

折り畳まれた状態
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です