【python】while文の使い方

while文の基本

while文は特定の条件を満たす限り処理をなんども実行するループ処理をします。

while文の記法

while 条件文 :

実行ブロック

実行ブロックはインデントします。while文は条件がfalseになるまで実行文をループします。

無限ループにならないように気をつけましょう。

以下の例は i < 3を満たすまで、print(i)と i += 1を実行します。

i=4になったらwhile文を抜けます。

i = 0

while i < 3:
    print(i)
    i += 1

【結果】

0
1
2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です