リスト型(List)基本、連結、代入、削除、全削除

リスト型は複数の値を一つの変数にまとめることができます。

大括弧[ ]を使って、表現します。他の言語では配列と呼ばれています。

my_list = [1,3,7,12,-18]
planets = ['Mercury','Venus','Earth','Mars']
print(my_list)
print(planets)

【結果】

[1, 3, 7, 12, -18]
['Mercury', 'Venus', 'Earth', 'Mars']

要素は0番から始まります。要素を指定して抽出できます。

負の数で指定すると、最後の要素から数えた要素を取り出せます。-1が一番最後の要素です。

print( my_list[0] )
print( my_list[-1] )
print( my_list[1:3] )

【結果】

1
-18
[3, 7]

区切り番号は以下を参考にして下さい。

リストの連結

他のリストと連結できます。

リストのリスト(2次元リスト)もできます。型が異なっていても大丈夫です。2次元以上も可能です。

new_list = my_list + [111, 162,214]
pair = [my_list, planets]
print( new_list )
print( pair )

【結果】

[1, 3, 7, 12, -18, 111, 162, 214]
[[1, 3, 7, 12, -18], ['Mercury', 'Venus', 'Earth', 'Mars']]

代入、削除、全削除

リストの指定した範囲に複数の要素を代入したり、削除したり、リストの要素を全削除することができます。

式を見ると要素を削除するというよりは、要素を空にするというニュアンスの方が近いと思います。

planets[1:3] = ['Sun','Moon'] # 代入
print( planets )

planets[1:3] = [] #削除
print( planets )

planets[:] = [] #全削除
print( planets )

【結果】

['Mercury', 'Sun', 'Moon', 'Mars']
['Mercury', 'Mars']
[]

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です